ルブレンは継続が大切?効かない時に考えられる原因は?

ルブレンは継続が大切?効かない時に考えられる原因は

 

 

ルブレンは口臭ケア商品の中でもとても人気の高い商品で、売上日本一の口臭サプリです。

 

売上が日本一だけあってルブレンの効果に対して高い評価をしている方が非常に多いです。

 

その一方でルブレンに対して「全く効果がない」「お金の無駄だった」というコメントをしている人がいるのも事実です。

 

どうして、大多数の人は効果を実感しているのにも関わらず、効果を実感できない人たちがいるのでしょうか?

 

ルブレンが効かない原因を詳しく見ていきましょう。

 

 

原因@ ルブレンを継続的に使用していない

 

ルブレンの悪い口コミを見ていると、使い始めてからまだ1週間の人が「ルブレンは効かない」と断言しているときがあります。

 

このようなコメントを見るといつも思うのですが、ルブレンは1・2週間使用しただけでは目に見えるような効果は期待できません。

 

おそらくこの人は、ルブレンには即効性があるという情報を丸飲みして購入してしまったのだと思います。

 

もちろんこの情報は間違っていません。ルブレンは確かに即効性があります。ですが、この即効性の意味を履き違える人が意外に多いです。

 

ルブレンの即効性というのは、この瞬間だけは臭いを抑えたい!というときに柑橘系の香りを利用して臭いを抑えることができるということです。

 

例えば外出中に、急に会議が入ったり、友人と会うことになったり、そのような場合はルブレンのマスキング効果によって一時的に臭いをカバーすることができます。

 

ですが、これはあくまで一時的です。ずっと継続するものではありません。もちろん市販のものと比べれば持続時間は圧倒的に長いですが、それでも一時的です。

 

ルブレンの効果は一時的で、改善はされないってこと?!

 

じゃあ、ルブレンの効果は一時的で、改善は一切しないのかというと決してそんなことはありません。

 

効果が一時的なのはあくまで使用期間が短い場合です。

 

ルブレンは毎日継続的に使用することで徐々に口臭が改善されていきます。そのため、使い始めてから1か月も経っていないような場合は、ルブレンの即効性(一時的な効果)しか実感することが出来ないですよ!ということです。

 

なので、購入してからしばらくは「その場しのぎ」という感じがしても無理はありません。実際に「ルブレンはその場しのぎ」というコメントをしている方もおられます。

 

しかし、毎日毎日継続的に使用していけば口臭自体が改善されていきます!

 

結局は継続が重要です。ルブレンは効かないと思っている場合は、ただ単に継続が出来ていないだけかもしれません。

 

そのような場合はまず、1か月は継続するようにしましょう。中には3か月使用してから効果を実感することができたという人もおられます。すぐにあきらめず根気強く使うようにしましょう。

 

 ルブレンのお得な公式サイトはこちら

 

原因A 口内の疾患による臭い

 

ルブレンをきちんと継続的に使用したにも関わらず臭いが改善されないという場合は、口内に疾患がある可能性があります。

 

口内の疾患というのは、虫歯や、歯周病、口内炎などの症状です。

 

もしこのような疾患がある場合、ルブレンは全く役に立ちません。ルブレンはあくまで雑菌を減少させたり、繁殖を防いだりする商品であって、治療をすることはできません。

 

そのため口内に疾患がある場合は病院で治療を受ける必要があります。

 

特に虫歯や歯周病の場合ほっとくと悪化するのですぐに治療を受ける様にしましょう。

 

口内炎の場合は自然に治ることもあるのでしばらく様子を見ましょう。実は口内炎ができるとルブレンは使いたくても使えません。

 

それは痛いからです(笑)

 

ちょっとふざけてるように聞こえたかもしれませんが、ルブレンの成分が口内炎にかかると痛くてしょうがないみたいです。

 

私も実際に経験した訳ではありませんが、たまたま口コミで見かけました。

ルブレンを購入して自宅に到着したその日に口内炎になりました。無理やり使用しましたが、痛くて無理でした。残念ですが、口内炎が治るまでルブレンはお預けです。

 

私もこれを読んだときは少し笑ってしまいましたが、確かに口内炎にルブレンはなんとなく痛いと思います。
一応ルブレンの成分は柑橘系ですからね( ´∀` )きっと染みます(笑)

 

 

 

原因B 生活習慣病による口臭

 

ルブレンを継続的に使用していて、口内に疾患もないのに口臭が改善されない!そんなときは生活習慣病が原因の可能性が高いです。

 

生活習慣病とは睡眠不足や過労、暴飲暴食などによって引き起こされる症状です。

 

生活習慣病と口臭って関係あるの?と思われるかもしれませんが、実は大きく関係しています。口臭があるかないかといのはほとんどが唾液の状態で決まります。

 

サラサラの唾液の場合はあまり臭いを発生することはありません。しかし、ネバネバな唾液の場合は臭いを発生させる大きな原因になります。

 

睡眠不足や過労の影響で自律神経のバランスが崩れると唾液のバランスも崩れて臭いが出やすくなってしまします。

 

また、生活習慣が悪いと腸内環境も悪化します。この腸内環境の悪化も口臭の大きな原因になるので注意が必要です。

 

いくらルブレンを毎日使用したとしても、生活習慣が悪いと目に見える効果が実感しにくくなります。なので、自分の体をいたわることも口臭を改善するために大切なことです。

 

 ルブレンのお得な公式サイトはこちら

 

その他の記事:

 

ルブレンはお試し品がない?その代わりの特典は?

 

その手があったか!ルブレンを定期便に申し込まずに、お得な値段で購入する方法

 

【知らなきゃ損する】ルブレンを最安値で購入する方法
page top