ルブレンで失敗しないためには夜の使用がカギ?!効果を発揮する夜の使い方

ルブレンで失敗しないためには夜の使用がカギ?!効果を発揮する夜の使い方

 

 

 

ルブレンは口臭サプリの中でも非常に人気の高い商品です。そのため、口コミなどでも高評価を多く貰っています。

 

しかし、その一方で「ルブレンを使用しても目に見える効果が無い」と批判的な口コミがあるのも事実です。ではルブレンは効果の薄い商品なのでしょうか?

 

いいえ!決してそんなことはありません!

 

ルブレンは正しい方法で使用すればきちんとした効果を発揮してくれます。ルブレンで失敗しないためにも特に重要なのが夜の使用です。

 

夜を制する人はルブレンで失敗しません。

 

そこら辺のことも含めてルブレンの使い方を詳しく見ていきましょう。

 

 

 ルブレンのお得な公式サイトはこちら

 

ルブレンの基本的な使い方

 

ルブレンはカバンなどに入れて、いつでも、どこでも持ち運べる「手軽さ」が魅力の商品です。

 

そのため、ルブレンの使用方法はとても簡単です。

 

公式サイトにも次のようにしか書かれていません。

 

一日3回(朝・昼・夜)歯磨き後に2プッシュずつ、お口の好きな場所に噴射してください

 

これでお口のケアは完了です!本当に簡単だと思いませんか?

 

この「手軽さ」に魅力を感じて私もルブレンを使用し始めました。急に会議が入ったり、友人に会うことになっても2プッシュするだけなので本当に重宝しています。

 

今では、常にカバンに入れて持ち歩いています。
(ルブレンが入っていないと不安でしょうがないので(笑))

 

ルブレンで失敗しないためには夜の使用がカギ?


ルブレンは基本的にいつ使用しても問題ありません。外出中などに使用しても柑橘系の爽やかな香りがお口の中に広がります。

 

ですが、ルブレンが特に効果を発揮するのが夜の使用です。昼間だけの使用だと、効果が一時的で、改善にはつながりません。

 

やはり、口臭を根本的に解決したい場合は夜の使用が必須です。

 

ルブレンは寝る直前に使用

 

ルブレンは寝る直前の使用で大きな効果を発揮します。ただ単に夜使用すればいいという訳ではないので注意してください。

 

その理由は寝る直前にしないと、必ず何かを口にしてしまうからです。

 

もし、寝る2時間前にルブレンを使用した場合あなたは絶対に何も口にしませんか?

 

ちょっとしたデザートやお菓子、果物などを口にしたりはしませんか?

 

もし、それが無かったとしても多くの人が必ず寝る前にすることがあります。

 

それは「水分補給」です。

 

多くの人は必ずと言っていいほど寝る前に、水やお茶などを飲みます。ですが、ルブレンを使用した後に水分を飲んでしまうと、消臭成分が水と一緒に流れていって効果が半減してしまいます。

 

そのため、ルブレンを使用した後は基本的に何も口にしないのがベストです。

 

歯磨き後に使用しないと意味ないの?

 

ルブレンの公式サイトには「歯磨き後」にルブレンを使用するように書かれています。

 

ですが、歯磨き後にしか使用してはいけないのかというと全くそんなことはありません。歯磨きを使用していなくてもルブレンはきちんと効果を発揮してくれます。

 

もし外出中の場合、歯磨きをするのは難しいですよね。そのような場合は歯磨きなしでルブレンを使用してもらっても全く問題ありません。

 

ではなぜ公式サイトには「歯磨き後」と書かれているのでしょうか?どっちでも効果を発揮してくれるのならわざわざ書かなくても良いですよね。

 

その理由は、「歯磨き後」の方がより効果を発揮してくれるからなんです。

 

食事をした後はどうしても、食べかすが口に残ったりします。その食べかすが菌を発生させ口臭の原因を作り出してしまします。

 

そのため、歯磨きをすることで口臭の原因になる食べかすを取り除くことができます。

 

公式サイトで「歯磨き後」を勧めているのはそのためです。

 

 

なので、ルブレンの効果を一番実感できる方法は、歯磨き後の寝る直前の使用です。これを毎日継続していくことで口臭を根本的に改善していくことができます。

 

 

 ルブレンのお得な公式サイトはこちら

 

 

その他の記事:

 

ルブレンの副作用で体調崩したりしない?成分から見るルブレンの副作用

 

【知らなきゃ損する】ルブレンを最安値で購入する方法

 

ルブレンで失敗しないためには夜の使用がカギ?!効果を発揮する夜の使い方

 

 

page top