安全性は大丈夫?ルブレンの成分に危険はないの?!

安全性は大丈夫?ルブレンの成分に危険はないの?!

 

 

 

口臭で悩んでいる人たちに人気を集めている口臭サプリ「ルブレン」。

 

口コミなどでも高い評価を獲得し、売上日本一になった商品です。

 

その効果は高く、学生から年配の方まで幅広い方に愛用されています。

 

そんなルブレンですが、成分にもとてもこだわっています。いくら効果が期待できても健康を害しては意味がありません。

 

どのような成分を含んでいるのか気になる方もおられるので実際に詳しく見ていきましょう。

 

 

 ルブレンのお得な公式サイトはこちら

 

ルブレンの成分に危険はないの?

 

 

先に結論から言いますと、ルブレンに危険な成分は一切含まれていません。

 

危険な成分どころか少しでも体に悪影響を及ぼすような成分も含まれていません。成分へのこだわりに関しては口臭サプリの中でもトップクラスだと思います。

 

実際にルブレンの愛用者の中にもルブレンの徹底した品質管理があるから安心して購入できると言っておられる方もいます。

 

特に年配の方は品質に不安を覚える方も多いです。

 

そのため「オーガニック成分」を使用したルブレンは多くの人から支持されています。

 

最近になってルブレンのオーガニック成分の配合量も46%→64%にUPしました。このおかげで、さらに体に優しい商品になりました。

 

 

ルブレンの購入を考えている人の中には「どうしてルブレンは試供品がないの?」と疑問に思われる方がいます。

 

確かに、ルブレンのような商品は試供品があるのが一般的です。しかしルブレンにはありません。

 

その理由は成分が貴重すぎて大量生産が出来ないからです。

 

ルブレンの安心・安全性に力を入れすぎた結果、大量生産できないニッチな商品に仕上がってしまったんです。

 

 

実際にルブレンの原材料を作っている農家も1件だけです。
(詳しくはルブレンの公式サイトをご覧ください)

この貴重な成分を使うことによって試供品を作ることができませんが、その分ルブレンの副作用は全く報告されていません。

 

 

ただの「オーガニック」ではなく「有機認証済み」

 

ルブレンで使用されているオーガニック成分はただのオーガニック成分ではありません。

 

「有機認証済み」のオーガニック成分です。

 

 

有機認証済み?どっちでも一緒でしょ?と思われるかもしれませんが、実は全く違います。

 

ただのオーガニック成分を使用している商品は正直いくらでもあります。貴重と言われてはいますが、市販に売られている時点でそこまで貴重ではありません。

 

(市販にあるということは大量生産ができるということですからね(;^_^A)

 

しかし、有機認証済みというのはただオーガニックを使用しているだけでは明記はできないんです。

 

きちんと第三者に調査をお願いし、専門家に安全だと認められたものだけが明記することができます。

 

そのため「有機認証済み」と書かれた商品は多くは出回っていないと思います。
逆に言えば「有機認証済み」と書かれた商品は信用してもらって大丈夫だということです。

 

 

口臭サプリでは使われることの多い6つの成分が無添加

パラベン
フェノキシエタノール
石油由来
鉱物油
着色料
合成香料

 

ルブレンには上記の成分は含まれていません。

 

特にパラベンや鉱物油は体に悪影響を及ぼすことがあるので含まれていないのはありがたいです。

 

また、口臭サプリには基本的に使われていることの多い、着色料や合成香料もルブレンには含まれていません。

 

正直安「全性にこだわっている」と自負している商品でも着色料などは含んでいることが多いので、ルブレンがいかに成分にこだわっているかが分かります。

 

ルブレンは成分の観点から見ても本当によくできた商品です。

 

 ルブレンのお得な公式サイトはこちら

 

 

その他の記事:

ルブレンはどこで購入するのがお得なの?公式サイトや楽天・メルカリなどを徹底的に比較

 

ルブレンは薬局に置いてるの?公式サイトとどっちがお得?

 

【ルブレン】単品購入では送料無料にならない?損をしない方法は
page top